メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

文学に陰あり

日野啓三「砂丘が動くように」 近代文明への懐疑、そっと /島根

 東京に住むフリーライターの33歳の男が、日本海沿いを行く列車に乗っている。断続するトンネルの闇に落ち着かなくなり、地方都市の駅でふいに下車。その町は人通りが異様に少ない。住宅地へ歩いていくと、砂丘の盆景を作っている中学1年の少年に出会う。その晩、2人は海岸の砂丘を訪ねる。男は走り回る無数のカニを見る。少年は「ぼくが呼んだんだよ」と言う。約1年にわたる物語の幕開けだ。

 日野啓三(1929~2002年)の長編小説「砂丘が動くように」である。1985年に「中央公論」に連載し、翌年刊行された。

この記事は有料記事です。

残り1071文字(全文1317文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 姫路の24歳女性刺殺 容疑で36歳知人男性逮捕 生前に暴力、警察に相談

  2. ゾウの死骸に大量のプラごみ タイ当局解剖、消化器官に詰まり出血か

  3. 新潟県警 寝坊し高速で175キロ 女性警官を書類送検

  4. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  5. 首相を不祥事から守れば出世できるのか 太田主計局長の財務次官内定で感じた「既視感」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです