メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ

石綿救済法「隙間だらけ」

 アスベスト(石綿)は2006年に国内で使用が原則禁止されるまで社会の至る所で利用された。被害は石綿を扱った労働者だけでなく一般住民にまで及び、石綿が原因の中皮腫や肺がんで亡くなる人は今も増え続けている。国は「隙間(すきま)なく救済する」ことを掲げて06年に石綿健康被害救済法を施行したが、患者らからは「隙間だらけ」との批判も多く、制度見直しを望む声は強まっている。【柳楽未来】

この記事は有料記事です。

残り2895文字(全文3084文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「多くの人が納得し喜んでくれている状況ではない」 秋篠宮さま会見全文

  2. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

  3. 「菅語」を考える 小田嶋隆さんが読む首相の「恐怖政治断行」宣言 「小さな部屋の王様」の恫喝

  4. 「親としては尊重。結婚を認める」 秋篠宮さま、眞子さまの思い表明に

  5. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです