メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

テニス コロナ陽性、ジョコに批判 握手にダンス…選手感染招く 8月ツアー再開不安

 男子テニスで世界ランキング1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)は23日、新型コロナウイルスの検査で陽性反応を示したことを明らかにした。自身が主催した非公式の慈善大会に参加したトップ選手の感染が相次ぎ、「感染者には大変申し訳ない。開催は時期尚早で間違っていた」と謝罪に追い込まれた。他のトップ選手からは「責任を感じるべきだ」などの批判の声が相次いでいる。

 慈善大会は3月からツアーが中断している中で、6月に母国のセルビアとクロアチアで開かれた。しかし、グリゴル・ディミトロフ(ブルガリア)やボルナ・チョリッチ(クロアチア)といったトップ選手や関係者の感染が相次いで判明し、21日に打ち切りとなった。

この記事は有料記事です。

残り457文字(全文757文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

  2. 大雨、岐阜で大きな被害 長良川鵜飼いの警備船2隻流出 9日も大雨の恐れ

  3. 浅間山 小規模噴火の可能性 気象庁事務所「大きな噴石や火砕流に警戒を」

  4. 「健康とはほど遠い」 陰性になっても続く倦怠感と嗅覚障害 新型コロナ「後遺症」

  5. 「仁義を切ってきたのか」山尾氏入党、国民党内に警戒感 立憲も「合流協議」影響懸念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです