メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米連邦高裁、フリン元大統領補佐官の起訴撤回命令 トランプ氏「潔白が証明」

ドナルド・トランプ米大統領=西田進一郎撮影

 米首都ワシントンの連邦高裁は24日、前回の米大統領選を巡るロシア疑惑に関連し偽証罪などで起訴された元大統領補佐官、マイケル・フリン被告に対し、司法省が申請した起訴取り下げを承認するよう連邦地裁に命じた。

 自分の補佐官だったフリン被告への捜査が不当だったと主張するトランプ大統領は24日も記者団に「うれしい。潔白が証明された」と語った。

 トランプ氏に指名された判事を含む2人が「地裁の動きは行政府の起訴権限を損なう」などとし賛成。残る1人は2人の判断を越権行為だと批判した。米メディアによると、大法廷に再審請求される可能性がある。

この記事は有料記事です。

残り165文字(全文430文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪で新たに151人コロナ感染 重症者は70人で過去最多

  2. 首相あいさつ93%一致 広島と長崎、過去例とも類似 被爆者「ばかにしている」

  3. 「パンパン」から考える占領下の性暴力と差別 戦後75年、今も変わらぬ社会

  4. 「次期総裁は岸田氏か石破氏」 小泉純一郎元首相と山崎拓氏が一致

  5. 靖国参拝の小泉進次郎氏「大臣になってもちゅうちょなかった」 4閣僚が参拝

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです