メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トランプ氏、ポーランド大統領とホワイトハウスで首脳会談 トップ外交を再開

トランプ米大統領

 トランプ米大統領は24日、ポーランドのドゥダ大統領とホワイトハウスで会談し、削減方針を示しているドイツ駐留米軍の一部をポーランドに移す意向を示した。トランプ氏が外国首脳をホワイトハウスに招くのは3月12日以来、約3カ月ぶり。新型コロナウイルスの影響で控えていたトップ外交を再開し、正常化をアピールした。

 トランプ氏は会談冒頭、「ポーランドとはこれまでになく近い関係だ。疫病発生から初の会談にあなたを迎えられて光栄だ」と述べ、ドゥダ氏も「より強い同盟関係を築きたい」と応じた。

この記事は有料記事です。

残り208文字(全文446文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪で新たに151人コロナ感染 重症者は70人で過去最多

  2. 首相あいさつ93%一致 広島と長崎、過去例とも類似 被爆者「ばかにしている」

  3. 「パンパン」から考える占領下の性暴力と差別 戦後75年、今も変わらぬ社会

  4. 「次期総裁は岸田氏か石破氏」 小泉純一郎元首相と山崎拓氏が一致

  5. 靖国参拝の小泉進次郎氏「大臣になってもちゅうちょなかった」 4閣僚が参拝

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです