メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

香港民主派、予備選スタート 9月議会選 共倒れ回避へ絞り込み

 香港の立法会(議会)議員選(9月6日投開票)で、民主派が実施する予備選への参加者が24日、出そろった。中国政府が香港への統制を強化する中で、民主派は立法会で初の過半数を目指す。各選挙区で共倒れを防ぐため、7月11~12日に行う予備選の得票数で候補者を絞り込む。予備選参加者は街頭で市民に支持を呼びかけている。

 立法会選(定数70)は、有権者全員が投票できる直接選挙枠(同35)と、金融や商工業など業界団体の関係者らに投票権がある職能選挙枠(同35)に分かれる。2016年選挙で直接選挙枠は民主派が19、親中派は16。職能選挙枠はビジネスの関係で中国とつながりがある団体が多いため親中派に有利で、16年は民主派11、親中派24だった。

この記事は有料記事です。

残り205文字(全文522文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. センバツ21世紀枠候補・知内 過疎の町の宝が掲げる「全員が脇役、全員が主役」

  2. センバツ21世紀枠 候補校紹介/1 知内(北海道) 「聖地」再訪へ、打撃強化

  3. 自公、北海道2区補選で「不戦敗」選択 惨敗すれば首相の責任論 吉川元農相在宅起訴

  4. 感染防止策違反に「氏名公表」は厳しすぎるリンチか 自民には「不十分」の声

  5. 五嶋みどりさんにケネディ・センター名誉賞 日本出身者で小澤征爾さんに次ぎ2人目

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです