メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

撤去か記憶か、揺れるベルギー 旧植民地コンゴの搾取 米暴行死で再燃

プラカードを掲げて抗議活動をするデモ参加者=ブリュッセルで7日、AP

 米国の白人警官による黒人男性の暴行死事件を受けた抗議活動が各地に広がる中、ベルギーではかつての植民地主義を想起させる元国王の記念碑の撤去をめぐる議論が再燃している。近代史上まれに見る暴虐な搾取が繰り広げられたベルギーの旧植民地コンゴ民主共和国は、今月30日に独立60年を迎える。

元国王像、非人道的支配の象徴

 焼かれて赤い塗料を吹き付けられた像が、クレーンでゆっくりとつり上げられてゆく。今月9日、ベルギー北部アントワープ。屋外で放火された元国王レオポルド2世(在位1865~1909年)の像を市が撤去する様子が、世界各地で報じられた。

 米国の黒人男性暴行死事件を受けた人種差別抗議デモが広がった5月末以降、ベルギー各地でレオポルド2世の像が相次いで破損されている。「植民地主義と人種差別の象徴」として、元国王像の撤去を求めるオンライン署名が始まり、複数の大学が学生の要望などを受けて構内の元国王像を撤去した。

 レオポルド2世はコンゴ(現在のコンゴ民主共和国)を「私領地」とした。現地の人々はゴムなどの資源採取のため、劣悪な環境で搾取された。ノルマを満たさない労働者の手首を切断する残虐行為もあり、この間に伝染病なども含む死者数は数百万人…

この記事は有料記事です。

残り2209文字(全文2728文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  2. 新型コロナ、国内の死者5000人に 14日間で1000人増

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. 二つの支持率が占う菅政権の今後 政権運営力低下を無情にも示すその「差し引き」

  5. 香取慎吾さん「声に出せることしか投稿しない」 SNSでの中傷がテーマのドラマに主演

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです