凹凸乗り越えながらごみ吸引 お掃除ロボット 福島・南相馬で実証実験

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
アシオンの特徴を門馬和夫市長(左)に説明する大西威一郎社長(中央)=福島県南相馬市役所で2020年6月23日、高橋秀郎撮影
アシオンの特徴を門馬和夫市長(左)に説明する大西威一郎社長(中央)=福島県南相馬市役所で2020年6月23日、高橋秀郎撮影

 ロボット開発会社、クフウシヤ(相模原市)は23日、自律移動型の業務用お掃除ロボット「Asion」(アシオン)の実証実験を福島県南相馬市役所で行った。公共施設のフロアで点字ブロックなどの凹凸を乗り越えながらごみを吸引する。来年の販売を目指している。

 同社は2014年に設立し、従業員8人。福島ロボットテストフィールドが整備されるなど、新産業の集積を目指す南相馬市に19年…

この記事は有料記事です。

残り278文字(全文463文字)

あわせて読みたい

注目の特集