長崎・石木ダム工事 反対住民、私物撤去応じず にらみあい続く

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
石木ダム建設に反対する住民らが設置したテーブル、椅子など=長崎県川棚町で、綿貫洋撮影
石木ダム建設に反対する住民らが設置したテーブル、椅子など=長崎県川棚町で、綿貫洋撮影

 長崎県と佐世保市が川棚町に建設を計画している石木ダムの工事現場で、県は建設に反対する住民らが座り込みのために設置したテーブルや椅子など私物の撤去を求めている。県が通知した撤去期限は過ぎたが、住民らに撤去する意志はなく、にらみ合いの状態が続いている。【綿貫洋】

 現場は県道の付け替え道路(全長約3・1キロ)の工事現場の一角で、座り込み地点近くに住民らがテーブル、椅子、小屋などを設置している。県はこの付近を除く形で…

この記事は有料記事です。

残り312文字(全文519文字)

あわせて読みたい

ニュース特集