在外投票不可、2審も違憲 最高裁裁判官国民審査 東京高裁判決

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
東京地裁、東京高裁などが入る合同庁舎=伊藤直孝撮影
東京地裁、東京高裁などが入る合同庁舎=伊藤直孝撮影

 海外在住の日本人が最高裁裁判官の国民審査に投票できないのは憲法違反だとして、米国在住の映画監督らが国家賠償を求めた訴訟で、東京高裁は25日、審査機会を制限したのは「選挙の保障」を定めた憲法に違反すると1審に続いて認めた。ただし、賠償については原告の請求を退けた。

 1審・東京地裁判決(2019年5月)は…

この記事は有料記事です。

残り119文字(全文271文字)

あわせて読みたい

注目の特集