メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

在外投票不可、2審も違憲 最高裁裁判官国民審査 東京高裁判決

東京地裁、東京高裁などが入る合同庁舎=伊藤直孝撮影

[PR]

 海外在住の日本人が最高裁裁判官の国民審査に投票できないのは憲法違反だとして、米国在住の映画監督らが国家賠償を求めた訴訟で、東京高裁は25日、審査機会を制限したのは「選挙の保障」を定めた憲法に違反すると1審に続いて認めた。ただし、賠償については原告の請求を退けた。

 1審・東京地裁判決(2019年5月)は、国民審査について「司法に対する民主的統制の方法として憲法上認められた重要な権利」と指摘。直近の17年の国民審査で、在外邦人に審査用紙が配られず、投票ができなかったのは憲法違反だとし、国に計2万5000円の支払いを命じていた。【遠山和宏】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

  2. 東京都、新たに感染者224人確認 過去最多 新型コロナ

  3. IS研究第一人者ハシミ氏、殺害される 日本など海外メディアに数多くコメント

  4. 「女帝」石井妙子さんが見た小池都知事の“冷ややかな圧勝”

  5. 大雨で被害相次ぐ 安城や一宮など 15棟床下浸水 /愛知

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです