志村けんさんへ議場の全員で「アイーン」 東京・東村山市が名誉市民授与

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
志村けんさんの兄知之さん(右)の呼びかけを受けて、「アイーン」のポーズを取る渡部尚市長(中央)ら=東京都東村山市役所で2020年6月25日午前10時50分、黒川将光撮影
志村けんさんの兄知之さん(右)の呼びかけを受けて、「アイーン」のポーズを取る渡部尚市長(中央)ら=東京都東村山市役所で2020年6月25日午前10時50分、黒川将光撮影

 東京都東村山市議会は25日、新型コロナウイルスによる肺炎で3月29日に70歳で死去した同市出身のコメディアン、志村けん(本名・康徳)さんを名誉市民とする議案に全会一致で同意した。提案した渡部尚市長が、議場を訪れた志村さんの兄知之さん(73)に「名誉市民称号記」を代理授与した。

 元市職員の知之さんは「光栄なことです。…

この記事は有料記事です。

残り218文字(全文377文字)

あわせて読みたい

注目の特集