特集

安保・外交

日米安保や外交問題についてのニュースを掲載します。

特集一覧

陸上イージス配備断念 他候補地選定も困難 防衛相、自公会議で報告

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
河野太郎防衛相
河野太郎防衛相

 河野太郎防衛相は25日、自民、公明両党の安全保障関連会議に相次いで出席し、陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の秋田、山口両県への配備計画を断念したと報告した。他の候補地の選定も困難として、国内配備自体も事実上断念する。日本政府は断念の方針を調達先の米国にも伝えた。

 河野氏は自民党の国防部会・安全保障調査会合同会議の冒頭で、24日の国家安全保障会議(NSC)の関係閣僚会合で「秋田、山口両県への配備を撤回する決定に至った」と明かした上で、「こうした事態に至ったことを深くおわびする」と陳謝した。

 防衛省が示した方針によると、配備候補地だった陸上自衛隊のむつみ演習場(山口県)と、新屋演習場(秋田県)を含む東北地方の20カ所について「敷地内か海上に確実に(推進装置の)ブースターを落下させるのは困難で、配備を断念」と決定。国内の代替地についても、安全の確保が可能で工期なども勘案した「適地を見つけるのは困難な見通し」とした。

 菅義偉官房長官は25日の記者会見で、国内配備につ…

この記事は有料記事です。

残り479文字(全文925文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集