メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

地域の訪問看護ステーション コロナ機に「助け合い」模索「何かあったときに」

在宅でケアを受ける古賀直樹さん。発熱で新型コロナウイルス感染を疑われた4月には訪問看護が一時ストップした=福岡市早良区で2020年6月5日午後2時40分、山口桂子撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大をきっかけに、同じ地域の訪問看護ステーション同士で、災害時も想定したネットワークを作る動きが出ている。看護師や利用者に感染者が出たり、事業所自体が被災したりして休業や閉鎖に追い込まれても、別の事業所の看護師がすぐに対応できる体制を整えておくことで、いざというときに患者への影響を最小限にするのが目的だ。

 「コロナによって突然全ての支援が絶たれた。普段でもぎりぎりなのに、限界に近い状況でした」。生まれつきの難病を抱え、自宅で寝たきりで過ごす福岡市早良区の古賀直樹さん(14)の母紀子さん(49)は、直樹さんの発熱により新型コロナ感染を疑われ訪問看護が途絶えた4月の1週間をそう振り返る。

この記事は有料記事です。

残り1392文字(全文1700文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゾウの死骸に大量のプラごみ タイ当局解剖、消化器官に詰まり出血か

  2. 首相を不祥事から守れば出世できるのか 太田主計局長の財務次官内定で感じた「既視感」

  3. 姫路の24歳女性刺殺 容疑で36歳知人男性逮捕 生前に暴力、警察に相談

  4. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  5. 九州豪雨・被災者の証言 熊本・球磨村その1 「自分の身は自分で守って」未明の防災無線

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです