メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コロナのDNAワクチン、大阪市大病院が治験承認 阪大教授ら共同開発

写真はイメージです=ゲッティ

 新型コロナウイルスのDNAワクチンを開発している製薬ベンチャー「アンジェス」(大阪府)は25日、大阪市大病院の審査委員会で治験計画が承認されたと発表した。新型コロナワクチンについては米国や中国、英国などですでに治験が進んでいるが、国内では初となる見通し。大阪府は当初、市大病院の医療従事者を対象に行うとしてきたが、特定せずに治験者を募る方針となっている。

 治験が行われるのは、アンジェスが森下竜一・大阪大教授らと共同開発しているワクチンで、ウイルスの遺伝子情報を環状のDNAに組み込んで投与することで、体内で抗体ができる仕組み。

この記事は有料記事です。

残り379文字(全文644文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍首相は誰に向けて語っていたのだろうか わずか16分間の会見を考える

  2. 首相また会見18分、質問二つで終了 追加受けず 帰省「一律自粛求めず」

  3. 首相会見に識者「政府の責任から逃げている」「質疑は『おまけ』という姿勢」

  4. クックパッドニュース 目からウロコ!ガス代が節約できる「パスタ」の茹で方

  5. 沖縄県、新たに159人感染 過去最多を更新 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです