メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サワコの朝

「ファクターX」の解明が鍵!? 京都大学iPS細胞研究所所長・山中教授が語る新型コロナ

リモートで「サワコの朝」に登場した山中伸弥教授(右)=MBS提供

[PR]

 6月27日放送の「サワコの朝」(MBS/TBS系全国ネット、午前7時半~8時)のゲストは、京都大学iPS細胞研究所所長・山中伸弥教授。

 今年3月に、「山中伸弥による新型コロナウイルス情報発信」サイトを開設。あらゆるメディアで新型コロナウイルスの情報を発信すると、6月には所長を務める京都大学iPS細胞研究所が、新型コロナウイルスの第2波に備え、大阪府と連携協定を締結。大学の検査機械を大阪府に貸与し、感染歴を調べる抗体検査の共同研究を行うなど、人々と社会を“新型コロナ”から守るべく活動に努めている。今回は、そんな山中教授が京都のiPS細胞研究所からリモートで出演。研究者として、このウイルスをどう見ているのかを話してもらった。

 そもそも山中教授にとっては専門外である新型コロナウイルス。「大変なことになる可能性があると思った」と、ウイルスの性質が明らかになるにつれ危機感を持ったという。「2月末に一斉休校やイベントの自粛が要請され、(政府の対応の早さが)素晴らしかった。でも『この1、2週間が山場です』と国民に呼びかけたことに『1、2週間だけ』我慢すればいいのだという誤解があったと思う」と指摘。これまで発生したウイルスを例に挙げ、「僕は、ウイルスの専門家じゃないけど、恐怖に似たような感覚をものすごく覚えた」と話し、山中教授が抱く新型コロナウイルスへの「2つの危機感」を語った。

 その後、研究所の広報や家族の反対を押し切る形で新型コロナウイルスの脅威を発信。メディアに出ていく中では、安倍晋三首相や専門家会議の副座長を務めた尾身茂さんとも対談した山中教授は、他国に比べ死者数が少なかった要因を“ファクターX”と呼び、その解明の重要性を訴えた。

「必ず出口はある。5年後には絶対終わっている」--そう語る山中教授の真意とは。世界中が翻弄(ほんろう)された新型コロナウイルス。治療薬とワクチンの課題、そして、山中さんが考える新型コロナウイルスとの付き合い方をサワコに語る。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 俳優・武田真治さんとモデル・静まなみさんが結婚

  2. 探して!らき☆すたマンホール 合併10年、埼玉・久喜のどこかに設置

  3. コロナ感染止まらぬ新宿・歌舞伎町 区長はすがる思いで大物ホストの携帯を鳴らした

  4. 関東・東海上空に火球 2日未明、目撃相次ぐ 「爆発音聞こえた」

  5. 失業給付の増額を 困っている人を助けるのが政治の使命

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです