メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

浅草演芸の「生き証人」 東洋興業会長、松倉久幸さん 笑いは「命」を強くする

インタビューの合間も大きな口を開けて笑いながら「お笑いは健康の源」と語る東洋興業の松倉久幸会長=東京都台東区で、幾島健太郎撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う政府の「緊急事態宣言」が全国で解除され、1週間がたった6月上旬。約2カ月ぶりに営業を再開した東京・浅草の落語定席「浅草演芸ホール」を訪ねると、2階席から「アッハッハー」と、張りのある笑い声が聞こえてきた。声の主は、ホールを運営する東洋興業会長、松倉久幸さん(84)。「人間ってのは、つらい時こそ笑いが必要ですよ」。「お笑いの殿堂」を長年率いてきた“生き証人”は穏やかな表情で高座を見つめ、何度もうなずいた。

 1964年の開業以来、年中無休で笑いを届けてきた同ホールが長期の「臨時休館」に入ったのは、4月6日。東京都の休業要請が緩和された6月1日には営業を再開したが、街への人出はすぐに戻ってこない。感染予防対策として座席の間隔を空け、再開当初は定員を340人から100人に制限。再開初日の観客数は約50人と、以前の1日400~500人から大幅に落ち込んだ。

この記事は有料記事です。

残り2129文字(全文2525文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. マダニ感染症で京都府内の80代男性意識不明 府内で今年初

  2. 首相官邸ネット発信「中の人」は電通マン 前任者も 政権のSNS戦略と深いかかわり

  3. 大阪モデルを緩和 注意喚起の「黄信号」点灯しにくく 経済ダメージ最小限に

  4. ORICON NEWS 「#まさかのトリック20周年」キャンペーン実施 7・7はトリックまつり

  5. ORICON NEWS 橋本環奈、ムロツヨシ演じる諸葛亮の妻「笑ってしまわないか心配」 山本美月は小喬役

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです