メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

要援護者見守り スーパーと協定 土浦市 /茨城

「要援護者見守り活動等協力に関する協定」に調印する羽成光弘・スーパーマルモ社長(左)と安藤真理子・土浦市長=茨城県土浦市役所で

 土浦市は、「スーパーマルモ」(本社・土浦市神立中央2)と「要援護者見守り活動等協力に関する協定」を結んだ。同社の移動販売車が高齢者や子供など要援護者宅や道路の異常に気付いた場合、市に連絡してもらう。

 市などによると、この協定は2012年10月に始まった制度。生協や新聞販売店などとは締結しているが、…

この記事は有料記事です。

残り213文字(全文363文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「アベノマスク」単価143円の記述 黒塗りし忘れか、開示要求で出した文書に

  2. ヤングケアラー~幼き介護 埼玉の高校生20人に1人が家族介護 大阪でも同傾向 半数超が中学以前から

  3. 安倍政権が残したもの 政治的下心のため経済政策を利用した“アホノミクス”の大罪 浜矩子氏が斬る「景気回復」

  4. 「クラクションに腹が立った」 あおり運転の疑いで中学校教諭を書類送検 兵庫

  5. 長さ2mのバトン、掛け声は紙で、競技はテレビ中継…コロナ下の運動会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです