連載

かながわの書

毎日新聞デジタルの「かながわの書」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

かながわの書

名碑探訪/5 鎌倉・由比ケ浜の「さくら貝の歌」歌碑 重みある線質に説得力 /神奈川

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
「さくら貝の歌」の歌碑=神奈川県鎌倉市で
「さくら貝の歌」の歌碑=神奈川県鎌倉市で

 鎌倉市のJR鎌倉駅を出て20分ほど歩くと、大パノラマの大海が迫ってくる。いつもの夏ならサーフィンや海の家、鎌倉花火大会でにぎわう観光地だ。全長約1・5キロの浜辺を滑川(なめりがわ)が材木座海岸と由比ケ浜に二分する。その河口に「さくら貝の歌」の歌碑が建っている。

 夏の強い日差しを浴びては輝きを増し、月の光ととともに波の音色に包まれる。鎌倉浪漫を感じられる最高のスポットだ。

 碑を見つめていると、小柄な女性が語りかけてきた。70年前にこの地に住んでいたという。さくら貝の歌は当時流行していた。その誕生秘話を教えてくれただけでなく、メロディーを知らない私のために歌を披露し、名前も告げずに立ち去った。実に粋な方だった。

この記事は有料記事です。

残り838文字(全文1146文字)

あわせて読みたい

注目の特集