メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「上関原発中止」案、否決 広島・中国電本社で株主総会 /山口

中国電力本社前で上関原発建設反対を訴える市民団体のメンバー

 中国電力の株主総会が25日、広島市中区の本社であった。脱原発を目指す株主グループが、上関原発(上関町)建設計画の中止、島根原発(松江市)の廃止などを求めた5議案を提案したが、いずれも否決された。

 総会には株主116人が出席、約1時間50分で終了した。役員選任など中国電提案の3議案はいずれも可決された。

 清水希茂社長は、島根原発の放射線管理区域で、協力会社の社員が巡視を怠っていたのに実施したと虚偽の報告をしていた問題に「原発の運営に対する地域の皆様の信頼を損ね、深くおわびする」と陳謝した。

この記事は有料記事です。

残り336文字(全文583文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「GoTo」反対署名、5日間で9万人超 「その予算を医療現場や被災地に」

  2. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

  3. 丸岡いずみさん、コロナ陽性で入院 夫の有村昆さんがクラスター発生の劇場で感染

  4. 政権がGoToを強行する理由 アクセルとブレーキ同時に踏む「むちゃ」

  5. 稲田氏ピンチ リベラル色の女性政策に保守派から「ついていけない」の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです