メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

巨大な前輪の上にサドルがある昔の自転車を見ると…

[PR]

 巨大な前輪の上にサドルがある昔の自転車を見ると、よく乗れたものだと思う。自転車の普及は1880年代に前後輪同サイズ、後輪チェーン駆動というその名も「安全型自転車」が英国で作られたおかげという▲夏目漱石(なつめそうせき)がロンドンで自転車の運転に挑んで四苦八苦(しくはっく)したのは1902年のことだった。年代から、もちろん自転車は「安全型」だったろう。だが、その公道での運転たるや、いくら初心者とはいえ「安全」とはほど遠かったようだ▲急な坂を下り、女学生の列をかすめて塀にぶつかる。ハンドルを握りしめて急転回し、後続の自転車を転倒させる。鉄道馬車と荷車との間をすり抜けようとして落車する。「大落五度小落はその数を知らず」のサイクルライフだった▲通勤や宅配サービスなど、コロナ禍により急増した自転車利用である。だが、その危険な運転による事故やトラブルも目立つことになった。おりしも今月末から自転車による進路妨害などの「あおり運転」も摘発の対象になるという▲具体的には急な進路変更、逆走、幅寄せ、不要な急減速などによる「妨害運転」のことで、漱石の急転回も摘発されかねない。近年は自転車の「ながらスマホ」事故も絶えず、自転車の危ない運転に対する視線は厳しさを増している▲漱石の「自転車日記」は戯文調のエッセーだけに大分話を盛っていようが、自転車普及期のロンドンの空気はうかがえる。ウィズコロナの自転車新時代も、まずは「安全型マナー」の普及が前提である。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 発症10日後には職場復帰できるはずなのに…「万一のため」自宅待機のなぜ

  2. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  3. 落語家の桂文枝さん 67歳妻と99歳母が死去 今月下旬に相次ぎ

  4. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  5. 自衛隊から不満の声 出口なき中東派遣 「なし崩しの延長」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです