メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

日本映画界のこれから

 昨年、過去最高の興行収入を記録した日本映画界。一見、好調なように見えるが、利益の優先による作品の質の低下を懸念する声が上がる。加えて、コロナ禍も暗い影を落とす。国際的映画賞を総なめにした1950年代、日本の映画人は世界の奇跡とたたえられた。そうした黄金時代の再来はあり得るのか。3人の映画人に聞いた。

この記事は有料記事です。

残り4337文字(全文4488文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅首相「東京オリンピックはコロナに打ち勝った証しに」と決意 施政方針演説

  2. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  3. 山口・宇部の病院で70人のクラスター 入院患者と職員

  4. 「東京オリンピック、中止の可能性」NYタイムズ報道 コロナ感染拡大で

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです