特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

「人生100年」コロナで一変 働く高齢者33万人減 重症化を警戒、復職支援課題

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
シニアを対象にした就職説明会。政府は「人生100年時代」の看板を掲げ高齢者の就労を支援してきたが……=名古屋市中村区で2018年12月、太田敦子撮影
シニアを対象にした就職説明会。政府は「人生100年時代」の看板を掲げ高齢者の就労を支援してきたが……=名古屋市中村区で2018年12月、太田敦子撮影

 新型コロナウイルスによって、働く高齢者の数が大きく減っている。若者に比べて感染すると重症化するリスクが高く、健康不安から自ら退職するケースも相次いだようだ。政府は「人生100年時代」を掲げて高齢者の就労を促してきたが、新型コロナで風景が一変。人との接触が敬遠されデジタル化も進む中で、高齢者が働く場所はどう変わっていくのだろうか。【本橋敦子】

 新型コロナの感染拡大が続いていた5月、埼玉県の大手コンビニチェーン店では、60代の女性従業員2人が相次いで退職した。店主の女性(45)は4月、そのうち1人から「休めないことを家族が心配している」と打ち明けられていた。

この記事は有料記事です。

残り1298文字(全文1579文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集