特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

新型コロナ 東京アラート、何だった 解除後に感染増、再発令慎重

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「東京アラート」が発令され赤色にライトアップされたレインボーブリッジ=東京都港区で2020年6月2日午後11時35分、手塚耕一郎撮影
「東京アラート」が発令され赤色にライトアップされたレインボーブリッジ=東京都港区で2020年6月2日午後11時35分、手塚耕一郎撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言の解除から25日で1カ月となった。東京都が6月に入って発令した警報「東京アラート」も既に解除されているが、都内は24日に55人、25日も48人の新規感染者が確認されるなど収束にはほど遠い。都は経済活動が萎縮することへの懸念からアラート再発令に慎重で、発令基準も変える方向で検討中だ。「何のためのアラートだったのか」と疑問の声も上がっている。

 「アラートが出てお客が一気に減った」。文京区の居酒屋の男性店長(52)は言う。5月25日の宣言解除から客は戻り始めたが、6月2日のアラート発令を境に予約キャンセルが目立つ。アラートに営業自粛などの拘束力は一切ないが、「回復の兆しが消え、店は安定していない」と話した。

この記事は有料記事です。

残り860文字(全文1188文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集