特集

旧優生保護法を問う

旧優生保護法下で不妊手術を強制された障害者らの記録に関する毎日新聞の全国調査で、強制手術を受けた人の約8割に当たる1万2879人の資料が確認できなくなっていることが判明した。「記録のない被害者」をどう特定し、救済につなげるか。

特集一覧

強制不妊、責任認める 医学会が検証報告書

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 旧優生保護法(1948~96年)に基づき障害者らへの強制不妊手術が繰り返された問題で、国内136の医学系学会が加盟する日本医学会連合(医学会)の検討会(座長・市川家國(いえくに)・信州大特任教授)は25日、強制不妊に関与した医師や医学関係者らの責任を認め、被害者への謝罪を求める検証報告書を公表した。

 報告書を受け取った門田守人(もんでんもりと)会長は、東京都内で開いた記者会見で「あってはならないことが起きた。二度と同様なことが起こらないようにするのが我々の責務だ」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り554文字(全文794文字)

【旧優生保護法を問う】

時系列で見る

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集