特集

日本国憲法

日本国憲法は2022年5月3日、施行から75年を迎えました。改憲手続きや、内容を巡る議論を追います。

特集一覧

二階氏「ダーウィンも喜んでいる」 進化論の誤用批判、意に介さず 改憲PR漫画

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
自民党が公開した憲法改正をテーマにしたマンガ「教えて!もやウィン」の一場面=自民党ウェブサイトより
自民党が公開した憲法改正をテーマにしたマンガ「教えて!もやウィン」の一場面=自民党ウェブサイトより

 自民党のウェブサイトやツイッターで配信されたダーウィンの「進化論」と憲法改正を結びつけた漫画が波紋を広げている。ツイッター上では「進化論を理解していない誤用だ」などと批判が相次ぐ。二階俊博幹事長は「何を言ってもそういうご意見が出るところが民主主義の世の中であって、この国の良さだ」と問題視しない構えだが、撤回を求める声も出ている。

 党が配信した「教えて!もやウィン」と題する4コマ漫画では、ダーウィンを模したと思われる「もやウィン」というキャラクターが「進化論ではこういわれておる」と前置きしたうえで「最も強い者が生き残るのではなく 最も賢い者が生き延びるのでもない。唯一生き残ることが出来るのは 変化できる者である」と説明。「これからの日本をより発展させるために いま憲法改正が必要と考える」と主張している。

この記事は有料記事です。

残り422文字(全文778文字)

【日本国憲法】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集