メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アマゾン熱帯雨林破壊、昨年比2倍のペース コロナで経済優先 監視手薄に

ブラジル北部ロンドニア州のアマゾン地域で起きた火災で立ち上る煙=2019年9月10日、ロイター

 南米ブラジルでアマゾンの熱帯雨林の破壊が2019年の2倍ペースで深刻化している。新型コロナウイルスの影響で環境保護当局の警戒が手薄になったすきを突いた違法な開発が加速しているとみられている。経済活動の停滞で世界各国の温室効果ガス排出量が減る中、熱帯雨林の破壊などでブラジルの排出量は逆に増えると予測されている。

 熱帯雨林を巡っては19年、火災が多発したにもかかわらず、元軍人で極右、ボルソナロ大統領が当初、消火活動に否定的な姿勢をみせ、国際的な非難が集まった。ボルソナロ氏の環境保護を軽視する姿勢が農牧畜業をするための野焼きや森林伐採、鉱山開発など違法行為を助長しているとの指摘がある。

この記事は有料記事です。

残り991文字(全文1285文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「西大寺会陽」無観客で開催へ 日本三大奇祭の一つ 「宝木」争奪戦も中止 岡山

  2. 安倍前首相、自身への事情聴取要請「聞いていない」 「桜」前夜祭

  3. 新型コロナ GoToトラベル延長 来年6月まで 政府方針

  4. 新型コロナ GoToトラベル 東京発着解約、13日まで無料

  5. 安倍前首相本人に任意聴取を要請 「桜を見る会」前夜祭 東京地検特捜部

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです