連載

宇宙新時代

米国やフランス、日本で相次いで宇宙軍や部隊が設立されている。ビジネス分野では、数万機もの小型衛星を一気に打ち上げ、高速インターネット網を築く動きが始まるなど宇宙をめぐる情勢は急速な変貌を遂げつつある。「ニュー・スペース」時代とも呼ばれる現状と課題を読み解く。

連載一覧

宇宙新時代

GPSを誤作動させる技術 今どこにいるのかわからなくなる サイバー攻撃で被害

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
2012年に実施された「シュリーバー演習」の報告書の表紙
2012年に実施された「シュリーバー演習」の報告書の表紙

 「俺たちの船は陸に上がってしまったのか?」。2017年6月22日、ロシア沿岸の黒海を航行していた貨物船の船長は目を疑った。操舵(そうだ)室にある全地球測位システム(GPS)が、船が45キロも離れたロシア領内のゲレンジーク空港にあると示していたからだ。故障を疑い、付近を航行する3隻の船と連絡を取り合ったが、いずれの船にも同じ現象が起きていた。

 これは、ロシアが新たに導入した「スプーフィング(なりすまし)」と呼ばれるサイバー攻撃の一種だ。地球から2万キロも離れた人工衛星から送られてくるGPSの電波は極めて微弱だ。そこで、カーナビなどの受信機周辺で強力な偽電波を出すことによって相手の位置情報をだますものだ。GPSの異常が報告された場所には、必ずと言っていいほどプーチン大統領の姿があり、大統領警護隊が首脳へのドローン(無人機)攻撃を防ぐために多用していると見られる。

 電波そのものを届かなくするジャミングは、フセイン政権が03年のイラク戦争で米軍などに、北朝鮮が10年以降、韓国に向けて使った例がある。ジャミングをすれば相手に気づかれるが、スプーフィングは相手…

この記事は有料記事です。

残り2185文字(全文2667文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

次に読みたい

関連する特集・連載など

あわせて読みたい

注目の特集