「心痛めた2年半」地元に徒労感と不信感 陸上イージス計画撤回

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
河野太郎防衛相から陸上イージスの配備計画撤回の連絡を受け、取材に応じる佐竹敬久知事=県庁で2020年6月25日午前10時28分、川口峻撮影
河野太郎防衛相から陸上イージスの配備計画撤回の連絡を受け、取材に応じる佐竹敬久知事=県庁で2020年6月25日午前10時28分、川口峻撮影

 陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」(陸上イージス)の秋田県内配備計画は白紙撤回――。河野太郎防衛相が陸上イージスの県内配備断念を表明した25日、県内の関係者からは、計画撤回に至るプロセスは迅速だったと評価する声が上がる一方、ずさんな防衛省の計画に2年半振り回されたことへの徒労感や不信感をにじませる発言が相次いだ。【川口峻、高野裕士、下河辺果歩】

 河野氏によると、24日夕の国家安全保障会議(NSC)で陸上イージスの秋田、山口配備計画の白紙撤回が決まった。

この記事は有料記事です。

残り640文字(全文878文字)

あわせて読みたい

注目の特集