カラフルなアマビエ御朱印人気 香川・春日神社が郵送で授与

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
アマビエの御朱印を持つ直井祥起宮司=香川県丸亀市川西町北の春日神社で2020年6月24日午後3時1分、喜田奈那撮影
アマビエの御朱印を持つ直井祥起宮司=香川県丸亀市川西町北の春日神社で2020年6月24日午後3時1分、喜田奈那撮影

 新型コロナウイルス感染の終息を願って、香川県丸亀市川西町北の春日神社は、疫病を払うとされる妖怪「アマビエ」を描いた御朱印を郵送で授与している。開始から約2週間で全国から約150件の申し込みがあるといい、人気を集めている。直井祥起宮司(32)は「不安を抱える人たちの気持ちが少しでも安らいでくれれば」と話す。

 直井宮司は「神社による終息祈願の御利益を多くの人に届けたい」という思いから、アマビエを描いた御朱印を発案。香川大教育学部2年の小笠原紘恵さん(20)にデザインを依頼した。小笠原さんは「子どもから高齢者まで気持ちが明るく元気になれるように」との願いを込め、キャラクター風に描いた。

この記事は有料記事です。

残り237文字(全文531文字)

あわせて読みたい

ニュース特集