クレーン車が民家直撃、火災 女児軽傷か 葬儀場取り壊し工事中 大阪・高槻

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 26日午後5時5分ごろ、大阪府高槻市南松原町の解体工事現場で、作業中の大型クレーン車が倒れ、アーム部分が、道路を挟んだ民家(木造2階建て)を直撃した。民家は大破して出火し、約1時間45分後に消し止められた。室内にいた女児(1)が左手をけがして病院に運ばれたが軽傷。府警高槻署は業務上過失致傷の疑いで、運転していた男性作業員らから事情を聴いている。

 高槻署によると、同府四條畷市の建設会社が、閉鎖した葬儀場を取り壊す工事をしていた。地中のくいをクレーン車で抜く作業中、何らかの理由でバランスを崩して倒れたという。

この記事は有料記事です。

残り280文字(全文536文字)

あわせて読みたい

注目の特集