遠藤周作の未発表小説発見 タイトルは「影に対して」 長崎・文学館書庫から

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
遠藤周作=長崎市遠藤周作文学館提供
遠藤周作=長崎市遠藤周作文学館提供

 長崎市の遠藤周作文学館は26日、潜伏キリシタンを描いた小説「沈黙」などで知られる芥川賞作家、遠藤周作(1923~96年)の未発表の中編小説が見つかったと発表した。小説のタイトルは「影に対して」で、文学館によると、遠藤の死後に未発表の完結小説が発見されたのは初めて。

 文学館の学芸員が今年2月、書庫で直筆の草稿2枚と当時の秘書が400字詰め原稿用紙に記した清書104枚を発見した。使用されている原稿用紙から、63年3月以降に書かれたものとみられる。

 「影に対して」は、小説家を目指していたが、家族を養うために探偵小説の翻訳で生計を立てる男を主人公に、理想を追い求めた母からの期待に応えられない葛藤などが描かれている。文学館によると、遠藤が幼少期に住んでいた旧満州(現中国東北部)の大連や神戸が登場するなど、自身の体験が色濃く反映されており、自伝的小説とみられる。

この記事は有料記事です。

残り264文字(全文645文字)

あわせて読みたい

ニュース特集