リニア、27年開業困難に 静岡県知事、準備工事了承せず JR東海社長と会談

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
静岡県庁でJR東海の金子慎社長(左)を出迎える川勝平太知事=静岡市葵区で2020年6月26日、古川幸奈撮影
静岡県庁でJR東海の金子慎社長(左)を出迎える川勝平太知事=静岡市葵区で2020年6月26日、古川幸奈撮影

 リニア中央新幹線(品川―名古屋間)の建設工事を巡って対立しているJR東海の金子慎社長と静岡県の川勝平太知事が26日、静岡県庁で初めて会談した。本体工事前の準備工事に理解を求めた金子社長に対し、川勝知事は了承しなかった。トップ会談が平行線で終わったことで、2027年を予定しているリニアの開業時期は延期となる公算が大きくなった。

 会談はインターネット上で公開された。金子社長は、27年の開業には6月中の準備工事着手が必要だと説明し、了承を迫った。川勝知事は「リニア整備には反対しない」としつつ、了承するかどうか会談では明言を避けた。その上で、終了後の報道陣の取材に「本体工事と一体であり、認められない」と述べ、準備工事も容認しない従来の姿勢を崩さなかった。JR東海は今後、開業延期を含めて工期の見直しを本格的に検討するとみられる…

この記事は有料記事です。

残り312文字(全文676文字)

あわせて読みたい

注目の特集