メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

体操・内村、種目別「鉄棒」に絞ってオリンピック挑戦へ 肩のけがの負担考慮

内村航平選手=久保玲撮影

[PR]

 体操男子個人総合で五輪2連覇の内村航平(リンガーハット)は26日、来夏の東京オリンピックで団体総合と個人総合の出場を断念し、種目別の鉄棒に絞って出場を目指す方針を明らかにした。得意の鉄棒で4度目の五輪出場を狙う。

 31歳の内村は昨年、両肩を痛めた影響で4月の全日本選手権で予選落ちし、世界選手権の代表入りを逃した。その後も肩の痛みは消えず、治療をしながら練習を続けていた。6種目で争う個人総合に強いこだわりを持っていたが、負担が大きく難しいと判断した。

 内村はマネジメント会社を通じて「今年の2月に鉄棒に絞って東京五輪に挑戦することを決めました。現在の状態での五輪出場の可能性を考え、一番可能性が高いと感じたのでこの決断に至りました。競技をやめるわけではないので引き続き応援よろしくお願いします」とコメントした。【円谷美晶】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 俳優・武田真治さんとモデル・静まなみさんが結婚

  2. 探して!らき☆すたマンホール 合併10年、埼玉・久喜のどこかに設置

  3. 失業給付の増額を 困っている人を助けるのが政治の使命

  4. 「党員獲得どころじゃない」 河井夫妻「1億5000万円」 自民総務会で不満噴出

  5. 関東・東海上空に火球 2日未明、目撃相次ぐ 「爆発音聞こえた」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです