改めて「野球はチームスポーツ」西武・木村、劇的な逆転グランドスラム

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 〇西武7―4ソフトバンク●(26日・メットライフ)

 西武の木村が八回に逆転満塁本塁打を放ち、連敗を2で止めた。

 野球はチームスポーツ。そんな当たり前のことを思い出させる西武の逆転劇だった。1点差の八回2死満塁で木村が逆転のグランドスラム。「木村の一振りがチームを救った」。試合後の辻監督の声はうわずっていた。

 1死からソフトバンクの3番手・岩崎を攻め立て満塁としたものの、7番の栗山は一ゴロに打ち取られた。好機はしぼんだかに見えたが、打席に入る木村は冷静だった。「何も考えてない。来た球に対して強く振ろう」。2球目、外角高めの直球を真芯で捉えた。中堅左に飛び込む最高の結果を出した。

この記事は有料記事です。

残り289文字(全文581文字)

あわせて読みたい

ニュース特集