メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コロナ禍、国立公園にも 収入9割減、保全に影響

雄大な穂高連峰のパノラマが広がる河童橋付近=長野県松本市の北アルプス・上高地で2020年5月17日、武田博仁撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大は、国立公園の環境保全にも影響を及ぼしている。全国34カ所の国立公園のうち主要な15カ所を管理する一般財団法人「自然公園財団」(東京都)によると、観光客の減少で、公園内の清掃や遊歩道整備などに充てる利用料収入が前年と比べ9割も減っている。維持管理が滞れば希少な生態系が損なわれかねず、関係者は気をもむ。

 中部山岳国立公園にある長野県松本市の上高地では毎年5~6月、新緑を楽しもうと多くの観光客が訪れる。しかし、今年は緊急事態宣言の影響で来訪者は激減。宣言が一部地域で解除され、晴天に恵まれた5月17日も、例年なら混雑するバスターミナルや、北アルプスの穂高連峰を望む人気スポット、河童橋は人影がまばらだった。

この記事は有料記事です。

残り748文字(全文1066文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相官邸ネット発信「中の人」は電通マン 前任者も 政権のSNS戦略と深いかかわり

  2. マダニ感染症で京都府内の80代男性意識不明 府内で今年初

  3. ORICON NEWS 「#まさかのトリック20周年」キャンペーン実施 7・7はトリックまつり

  4. 襲撃で亡くなったホームレスの生活の跡、フィルムに 長良川の橋の下 8月に写真展

  5. 元看護助手再審無罪「不適切な取り調べなし」 滋賀県警本部長が初めて反論

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです