メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

御巣鷹の尾根、僧侶ら迂回路整備 台風で登山道崩落 /群馬

御巣鷹の尾根の登山道を整備する僧侶ら=群馬県上野村で

 乗客乗員520人が亡くなった1985年の日航ジャンボ機墜落事故の現場となった「御巣鷹(おすたか)の尾根」(上野村)で24日、県内外の僧侶ら8人が集まり、昨年10月の台風19号被害で崩落したスゲノ沢付近の登山道に代わる新たな迂回(うかい)路を整備した。事故が起きた8月12日を控え、遺族らが楽に登れるよう、ボランティアとして行った。

 午前9時ごろ、僧侶らは登山口に集まると、スコップやくわを手に入山。管理人の黒沢完一さん(77)の指導を受けながら、崩落した登山道付近の斜面を掘り返し、80メートルほどの道を新たに作った。昼すぎには墜落地点に立つ「昇魂之碑」で手を合わせ、読経した。

この記事は有料記事です。

残り143文字(全文433文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「#FreeAgnes」 日本からも周庭氏逮捕への抗議続々

  2. 家族で登山中に行方不明の小6男児を無事発見 新潟・上越

  3. 周庭氏を逮捕 民主活動家 国安法違反容疑で香港警察

  4. 女性に無断で堕胎させた疑いで外科医を逮捕 麻酔薬飲ませる 岡山県警

  5. 首相あいさつ93%一致 広島と長崎、過去例とも類似 被爆者「ばかにしている」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです