メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

よみがえる田中正造

死の川に抗して/18 窮民の救済願った直訴状=中村紀雄 /群馬

田中正造が明治天皇に手渡そうとした直訴状=栃木県佐野市郷土博物館で

 田中正造は直訴状で、足尾銅山の毒が及ぼす害の惨状を天皇に次のように訴えた。

 「鉱業の発達するに従って流毒(りゅうどく)ますます多く、加うるに比年(ひねん)山林を濫伐(らんばつ)し水源を赤土となせるが故に河身(かしん)変じて洪水しきりにいたり」「毒流四方に氾濫し、茨城栃木群馬埼玉四県及びその下流の地数万町歩に達し、魚は斃死(へいし)し田園荒廃し、数十万の人民は産を失い業を離れ飢えて食なく病んで薬なく、老幼は溝壑(こうがく)に転じ壮者は去(さり)て他国に流離せり。かくのごとくにして二十年前の肥田沃土(ひでくよくど)は、今や化して黄茅白葦(こうぼうはくい)満目惨憺(まんもくさんたん)の荒野と為(な)れり」

 つまり、魚は死に田園は荒れ果て、老人や幼い者は山や谷に移り元気な者は他国に去り、肥沃(ひよく)な土地は荒れ果ててしまったと嘆く。

この記事は有料記事です。

残り732文字(全文1101文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 関東・東海上空に火球 2日未明、目撃相次ぐ 「爆発音聞こえた」

  2. 愛媛の「聖地」で誓った2人の愛 南京錠7000個のその後は… 撤去から1年

  3. 東京都で新たに100人以上感染 5月2日以来の3ケタ

  4. 「党員獲得どころじゃない」 河井夫妻「1億5000万円」 自民総務会で不満噴出

  5. コロナ感染止まらぬ新宿・歌舞伎町 区長はすがる思いで大物ホストの携帯を鳴らした

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです