花街文化残したい 地方出身芸者デビュー 新橋 /東京

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
「汐汲」を踊る小蝶さん=都内で
「汐汲」を踊る小蝶さん=都内で

 江戸末期からの歴史を持つ新橋花柳界には現在、約50人の芸者が所属する。その新橋芸者に昨年、地方出身の新人2人が加わった。長崎市出身の小蝶さん(22)と、金沢市出身の加奈さん(19)だ。

 小蝶さんは「自分にしかできない、ずっと学び続ける仕事をしたかった」、加奈さんは「花柳界という日本の伝統文化を残していきたい」と、それぞれ思いを語る。

 3月中旬、若手芸者が日ごろの稽古(けいこ)の成果を見せる会が中央区銀座で開かれた。小蝶さんが披露したのは長唄「汐汲」。舞台を力強く踏みしめ、つややかに堂々と踊った。一方、加奈さんはしっとりした俗曲「潮来出島」に乗せ、扇子を上手に扱いながら、きれいに形を決めた。

この記事は有料記事です。

残り410文字(全文709文字)

あわせて読みたい

注目の特集