メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

種類と個性、無限大 職人が特別加工 糸専門店店主・高見さん 岐阜 /岐阜

自慢の糸を紹介する、岐阜市の糸専門店「SAIRI」の店主、高見義朗さん

 岐阜市の糸専門店「SAIRI」には、店主の高見義朗さん(62)が手掛けた300種類以上の美しい糸が並ぶ。紡績工場で見つけ出したとっておきの綿や糸を、なじみの職人に特別加工してもらった逸品ばかり。全国から手芸用に糸を買い求めるファンもいて、高見さんは「糸の種類は無限大。大手には作れない個性豊かな糸を届けたい」とこだわる。

 手芸糸や飾り糸は、綿から紡いだ1本の原糸を何本も組み合わせ、より合わせる。高見さんは自ら工場を訪ねることから始める。売れ残りや規格外れの原糸も見逃さず、風合いを見極めて掘り出し物を発掘。「現場はお宝がいっぱい」と目を輝かせた。

この記事は有料記事です。

残り586文字(全文861文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ピンクマスクでいじめNO 名張高生が学校祭で配布し呼びかけ 三重

  2. 東京都内で570人の感染確認 過去最多を更新 重症者1人増え61人

  3. 原子力規制委にサイバー攻撃 「機密性2」に不正侵入か 警視庁が捜査

  4. 視聴室 まさかまさかの2020 大家族石田さんチ

  5. 「5000円でもできる」強弁 桜を見る会迷走、はぐらかしの菅氏答弁を振り返る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです