何の行列? 銀座の高級食パン、岐阜にオープン /岐阜

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
初日は開店前から約50人の行列ができた「銀座に志かわ 岐阜菅生店」=岐阜市菅生8で
初日は開店前から約50人の行列ができた「銀座に志かわ 岐阜菅生店」=岐阜市菅生8で

 東京・銀座に本店がある高級食パン店「銀座に志かわ」の岐阜菅生店が26日、岐阜市菅生8にオープンした。東海地方では8店舗目で、県内では初となる。

 アルカリイオン水を使用することで軟らかい食感や甘みが楽しめる「水にこだわる高級食パン」(税込み864円)を求め、初日は午前10時の開店前から約50人が行列を作った。

 高橋仁志社長は「岐阜はモーニングや喫茶店文化があり、食パン消費の伸び率も顕著。岐阜から名古屋の店舗まで買いに来る客もいた」と出店理由を説明した。開店1週間前から約4000本の予約が入り、「(全国の店舗でも)トップクラスの予約本数で手応えを感じる」と喜んだ。

この記事は有料記事です。

残り226文字(全文510文字)

あわせて読みたい

注目の特集