メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 食料配布で外国人支援 5カ国語対応 「困っていたら情報伝えて」 岡崎のNGO /愛知

生活に困っている外国人のためにと、市民らから寄付された食料や日用品=「Vivaおかざき‼」提供

 岡崎市で外国人を支援している国際交流NGO「Viva(ビバ)おかざき!!」が、新型コロナウイルスの影響で生活に苦しむ外国人に食料を配布している。「近くに困っている外国人がいたら、ぜひ食料配布の情報を伝えてほしい」と呼びかけている。【細川貴代】

 市内には約1万2300人の外国籍住民がおり、ブラジル人(約4000人)、ベトナム人(約1900人)、フィリピン人(約1800人)の順に多い。

 同NGOは10年前から外国人を対象に、子ども向け日本語教室や防災講座、多文化共生イベントなどを開催してきた。コロナ禍で4月ごろから「仕事がなくなった」「仕事が減って、いつ仕事がなくなるか不安」などの相談が派遣社員の外国人から多く寄せられるようになり、食料支援を決めた。これまでに市民から募った米やレトルト食品、日用品などを2回配布した。

この記事は有料記事です。

残り266文字(全文628文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. NY株続落、509ドル安 1カ月半ぶり安値 コロナ再流行の影響懸念

  2. 台風12号が北上 本州接近へ 23~25日、大荒れ警戒

  3. 4連休最終日 空の便は午後の予約率97% 高速道も朝から渋滞

  4. 欧州ニュースアラカルト 「記録的な熱波は始まりに過ぎない」 ポルトガルの若者が欧州人権裁判所に提訴

  5. 菅首相は「地方に優しくない」 潜む新自由主義と翼賛の危機 「左遷」された元官僚が伝えたいこと

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです