メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プロの声で校歌♪ びわ湖ホールの専属声楽家、録音しプレゼント /滋賀

新型コロナウイルス感染予防のため、3メートルの間隔を空けて江州音頭を歌うびわ湖ホール声楽アンサンブルのメンバー。中央で指揮するのは沼尻竜典・芸術監督=大津市打出浜で2020年6月23日午後4時23分、濱弘明撮影

 びわ湖ホール(大津市打出浜)専属のプロ声楽家集団「びわ湖ホール声楽アンサンブル」が、県内にある小学校の校歌を録音するプロジェクトに取り組んでいる。声楽アンサンブルによる学校巡回公演や、児童をコンサートに招待する「ホールの子事業」が、新型コロナウイルスの影響で全て中止されたことを受けて実施。歌手たちは感染防止のために約3メートルの間隔を空け、互いの声を注意深く聞きなが…

この記事は有料記事です。

残り279文字(全文464文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 無銭飲食、中洲のVIPルームでドンペリなど110万円 39歳容疑者逮捕

  2. 人気ラーメン店にピエロ覆面空き巣 埼玉「ジャンクガレッジ」、4容疑者逮捕

  3. 民主活動家・周庭氏保釈される 黄之鋒氏らが出迎え 香港警察が10日に逮捕

  4. 保釈の周庭氏、欅坂46「不協和音」脳裏に 「これからどんどんつらくなるかも」

  5. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです