メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

県ゆかり若手作家、個性光る50点 香美市立美術館で企画展 来月26日まで /高知

大場真美「背中越しの過去と、」=香美市立美術館提供

 高知ゆかりの若手アーティストの作品が一堂に会した企画展「香美アートアニュアルvol.8 明日に続く日々」が香美市立美術館(同市土佐山田町)で開かれている。7月26日まで。【北村栞】

 香美市立美術館では、高知県にゆかりのある若手作家に発表の場を提供しようと、企画展を毎年開いている。今回は20~40代の7人の約50点が見られる。

 会場には土佐和紙など日本画の画材に描かれた絵画や、スマートフォンで撮影した写真を用いたコラージュ作品、異素材の布地を縫い合わせた作品など、個性光る作品が並ぶ。

この記事は有料記事です。

残り276文字(全文520文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 無銭飲食、中洲のVIPルームでドンペリなど110万円 39歳容疑者逮捕

  2. 民主活動家・周庭氏保釈される 黄之鋒氏らが出迎え 香港警察が10日に逮捕

  3. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

  4. 保釈の周庭氏、欅坂46「不協和音」脳裏に 「これからどんどんつらくなるかも」

  5. 家族で登山中に行方不明の小6男児を無事発見 新潟・上越

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです