メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

禅の言葉に「好雪片片別処に落ちず」というのがある…

[PR]

 禅の言葉に「好雪片片別処(こうせつへんぺんべっしょ)に落ちず」というのがある。好雪とはみごとな雪のこと、そのひとひらひとひらも別の所に落ちていないというのである。「では、どこに落ちているのか」と聞きたくなるのも分かる▲だが、そうたずねた修行僧はいきなり平手打ちされてしまった。禅語辞典によれば、雪の一片一片がぴたりぴたりと落ちるべき所に落ちているというのが先の言葉の意味だという。ひらひら舞う雪も定めに従って舞っているのである▲ならば、咳(せき)やおしゃべりで口から飛び出す無数の飛沫(ひまつ)も「別処に落ちず」というわけか。空気中を舞う粒子の動きを追うシミュレーションは、今日ではスーパーコンピューターによって行われる。新型コロナ対策の頼みの綱でもある▲日本製スパコンとして9年ぶりに世界最高の計算性能を認定されて話題となった「富岳(ふがく)」である。ITや人工知能(AI)分野でとかく情けない話の多い近年の日本には久々の朗報で、すでにコロナ対策研究に活用されているという▲先の飛沫拡散予測はその一つで、電車内やオフィスのシミュレーションが行われた。また治療薬候補となる物質の探索や作用メカニズムの解明においても、その高い計算能力が効果的な新薬開発を加速させるだろうと期待されている▲ウイルスの進化速度は人の100万倍ともいう。人がそれに負けぬスピードで進化させられるのはスパコンに代表される知的能力しかなかろう。宇宙の定めと自らが一体になる禅の境地にもあやかりたい。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  2. 新型コロナ変異株、東京の40代男性が感染 10代未満女児の濃厚接触者

  3. イオン、就業時間中は全面禁煙に 従業員45万人対象 「卒煙」支援も

  4. ORICON NEWS ジャングルポケット・斉藤慎二、新型コロナ感染 相方おたけ&太田博久は陰性

  5. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです