メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

香港民主派出そろう 立法会選、予備選の候補者

 香港の立法会(議会)議員選(9月6日投開票)で、民主派が実施する予備選への参加者が24日、出そろった。中国政府が香港への統制を強化する中で、民主派は立法会で初の過半数を目指す。各選挙区で共倒れを防ぐため、7月11~12日に行う予備選の得票数で候補者を絞り込む。予備選参加者は街頭で市民に支持を呼びかけている。

 立法会選(定数70)は、有権者全員が投票できる直接選挙枠(同35)と、金融や商工業など業界団体の関係者らに投票権がある職能選挙枠(同35)に分かれる。2016年選挙で直接選挙枠は民主派が19、親中派は16。職能選挙枠はビジネスの関係で中国とつながりがある団体が多いため親中派に有利で、16年は民主派11、親中派24だった。

この記事は有料記事です。

残り205文字(全文522文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  2. 死者増さらに加速か 4000人から5000人まで14日間 高齢者で死亡率高く

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. ジャーナリズムを、聞きたい 菅家さんの冤罪証明し真犯人を追う 清水潔さん「潜在する危機伝えることこそ報道」

  5. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです