メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

本はともだち

青少年読書感想文全国コンクール課題図書/下 平和考え、生き方を知る

中学校の部の課題図書=東京都千代田区で2020年6月18日午後3時44分、宇多川はるか撮影

 <くらしナビ ライフスタイル>

 「第66回青少年読書感想文全国コンクール」特集の後半は、中高生の課題図書の内容と選定ポイントの紹介に加えて、設楽敬一・全国学校図書館協議会理事長に感想文を書くコツを聞きました。

中学校の部

 「天使のにもつ」いとうみく・著、丹下京子・絵(童心社) 職場体験先に保育園を選んだ中学2年生の、5日間の物語。保育現場の困難さなどを、ユニークな登場人物を通し、読みやすく描いている。

 「11番目の取引」アリッサ・ホリングスワース・作、もりうちすみこ・訳(鈴木出版) アフガニスタン難民のサミと祖父の生活の糧だった伝統楽器ルバーブが奪われた。買い戻すために必要な700ドルをどう稼ぐ? 緊迫感が読者を引きつけ、登場人物も魅力的な作品。

この記事は有料記事です。

残り982文字(全文1309文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 長女はひつぎにうどんを二つ… 原爆小頭症の吉本さん逝く 孤独と痛みに耐えた74年

  2. 「今年の子ども」に15歳少女 いじめ関連単語の変換アプリ開発 米誌タイム初選出

  3. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

  4. コロナで変わる世界 <教育編 インタビュー①>山極寿一氏が恐れる「オンラインで済む」という感覚 「知識だけでなく体験共有を」

  5. 大飯原発の設置許可取り消し 住民ら原告側勝訴 大阪地裁判決

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです