メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

『ミシェル・フーコー[増補改訂]』=内田隆三・著

『ミシェル・フーコー[増補改訂]』

 (講談社学術文庫・1265円)

 フランスの哲学者ミシェル・フーコーについての三○年前の論考に、新たに一一○頁(ページ)もの序文を加えた。本文も書き直した決定版である。

 内田隆三氏は当代随一のフーコーの読み手。今回の序文はフーコーの生涯をたどり、密(ひそ)かな思考の奥へと分け入るスリルに満ちている。

 外科医の父と裕福な母。聡明(そうめい)なフーコーは哲学を志すも孤独で、同性愛者で、精神に変調を来す。…

この記事は有料記事です。

残り303文字(全文504文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  2. ORICON NEWS 映画『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』興収15億円突破 週末ランキング6週連続TOP5

  3. 特集ワイド 首相、答えよ 田中真紀子元文科相×村上誠一郎元行革相 すり替え、安倍さんを踏襲/異論封じ込め「恐怖政治」に

  4. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  5. 自転車であおり、初逮捕へ 「桶川のひょっこり男」妨害運転容疑 埼玉県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです