メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

『ミシェル・フーコー[増補改訂]』=内田隆三・著

『ミシェル・フーコー[増補改訂]』

 (講談社学術文庫・1265円)

 フランスの哲学者ミシェル・フーコーについての三○年前の論考に、新たに一一○頁(ページ)もの序文を加えた。本文も書き直した決定版である。

 内田隆三氏は当代随一のフーコーの読み手。今回の序文はフーコーの生涯をたどり、密(ひそ)かな思考の奥へと分け入るスリルに満ちている。

 外科医の父と裕福な母。聡明(そうめい)なフーコーは哲学を志すも孤独で、同性愛者で、精神に変調を来す。…

この記事は有料記事です。

残り303文字(全文504文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 高校生揮毫「私たちの星を守りたい」 平和とコロナ終息願い 岐阜総合学園書道部

  2. 安倍氏が支援した育鵬社教科書の採択が激減した理由 菅首相は…

  3. 同性愛が処罰された時代に描かれたゲイアート「トム・オブ・フィンランド」 大使館が発信するまでの歴史

  4. 菅首相は「地方に優しくない」 潜む新自由主義と翼賛の危機 「左遷」された元官僚が伝えたいこと

  5. ファッションマスク200種 500円~10万円まで 東京駅地下街に専門店

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです