メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

『美しい日本語 荷風Ⅲ 心の自由をまもる言葉』=永井荷風・著、持田叙子ほか編著

『美しい日本語 荷風Ⅲ 心の自由をまもる言葉』

 (慶應義塾大学出版会・2970円)

 荷風を愛してやまない持田叙子さんが選ぶ荷風名文集の第三巻。最後のこの巻は戦時下の『断腸亭日乗』からの抄が中心になる。

 荷風の良さは権力におもねることなく自由人として徹したその生き方にあるが、それ以上に文章の美しさが大事だと持田さんは指摘する。

 「美しいものについて語ろう、という声は荷風の全作品をつらぬいて聞こえる」。戦時下という猛々(たけだけ)しく美しく…

この記事は有料記事です。

残り297文字(全文494文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 櫻井翔、トレーニングで“継続は力なり”を実感「続けることが大切」

  2. 「ヒステリックブルー」元ギタリスト、強制わいせつ致傷容疑で逮捕 埼玉県警

  3. 安倍政権が残したもの 私たちが大事「彼ら」は攻撃 オウム真理教報じた江川紹子さんが読む「カルト化社会」

  4. 高松2児放置死「飲みに行くこと注意されて預けられず」 逮捕の母供述

  5. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです