メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

『養蚕と蚕神』=沢辺満智子・著

『養蚕と蚕神』

 (慶應義塾大学出版会・6160円)

 33歳の若き研究者が絹糸の光に魅せられ、「虫の命を資本として成立する」魔訶(まか)不可思議な日本近代産業の根幹に迫る。それは――養蚕。

 二部構成。第一部は近代における養蚕業のドラマティックな浮沈をつづる。蚕を育て絹糸を取る養蚕は古代からある。鎖国が解けて和の絹は欧米を魅了し、国の大産業となった。最盛期は昭和4年。養蚕農家は221万戸。皮肉にもこの年に世界恐慌が起き、欧米の需要…

この記事は有料記事です。

残り314文字(全文522文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「NEWS」メンバーがコロナ感染 加藤シゲアキさんと小山慶一郎さん

  2. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  3. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  4. 重症者440人 急速に状況悪化 病床使用率も全国的に上昇 医療崩壊懸念

  5. 特権を問う 地位協定60年 米軍私有車、税減免14億円 政府間合意、自治体反発 19年度

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです