メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

宇宙新時代

小惑星リュウグウ「値付け」10兆円 見え始めた宇宙の「ゴールドラッシュ」

スペースX社が開発した有人宇宙船「クルードラゴン」が、同社のファルコン9ロケットで打ち上げられた=米フロリダ州で2020年5月(NASA提供)

 早ければ秋の臨時国会で、企業が「宇宙資源」を採掘する権利を認める法律案の議論が始まる見通しになった。宇宙資源とは、文字通り、月や小惑星など地球以外の天体にある資源のこと。水や鉄、レアメタルが豊富にあるとされる。米国のベンチャー企業は、日本の探査機「はやぶさ2」が訪れた小惑星リュウグウに10兆円近い「値」をつける。宇宙に多く眠る「金脈」を巡り、米国の西部開拓時代の「ゴールドラッシュ」をほうふつとさせる駆け引きが始まっている。

 今年6月、自民党の宇宙・海洋開発特別委員会(委員長・河村建夫衆院議員)は、宇宙資源開発に関する法律の骨子をまとめた。与野党の合意を得て議員立法で国会に提出し、年内の成立を目指す。法律の最大の特徴は、企業などが宇宙で得た資源を売ったり、利益を得たりする権利を認めること。宇宙資源に関する初の国内法を整え、企業参入を促す環境を作る狙いだ。

 国際的には、宇宙資源に関する取り決めはない。日米を含む世界100カ国以上が加盟する宇宙条約(1967年発効)は、国による天体そのものの「領…

この記事は有料記事です。

残り2250文字(全文2702文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 首相答弁、15項目10分 野党不満噴出 参院代表質問

  3. 第75回毎日映画コンクール 大賞「MOTHERマザー」 優秀賞「アンダードッグ」

  4. 余録 退任間近の大統領…

  5. 政府のワクチン調達に狂い 当面は「ファイザー頼み」 治験遅れで他社は春以降

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです